一世一代のイベント|神前式の費用について気になること

レディ

晴れの舞台に

パーティー

国内で挙式、披露宴をする場合、二次会まですべて新郎新婦でやるとなるととても大変です。二次会をすることが決まったら、早めに友人に幹事を依頼する相談をして準備を進めていくといいです。任せるところは任せ、出来るところは積極的に新郎新婦も引き受けましょう。

Read More..

輝く日のために

ウーマン

結婚式で輝くためにブライダルヘアメイクは重要であり、イメージ通りにするために写真を見せたりリハーサルをするとよいです。ブライダルヘアメイクの担当者は、式場から紹介された人や外部の人に依頼することもできます。

Read More..

日本人らしい挙式

神前式

美しい着物で思い出に

最近では教会ではなく、神社などで行う神前式が人気のようです。神前式といえば純白の白無垢に和髪が一般的ですが、最近では少し髪型などをアレンジして式を行う人も増えています。実際芸能人なども神前式で行うなどの影響もあったりします。折角日本人に住んでいるので、日本らしい和の神前式は今後結婚をされる方にオススメです。最近では神前式を行う神社などに披露宴も行える会場が併設されていたりします。費用も神社により様々ですが、神前式のみの挙式用(初穂料)は平均10万円程になります。他には白無垢や袴などのレンタル費用やヘアメイクなどの費用が必要になってきます。神社によりパック料金などを提供している所もあるので、気になった神社などには一度詳しく問い合わせて見ましょう。

会場選びで様々な違い

神前式といっても式を行う神社により様々です。神社といえば美しい庭園や木々がありますが、その風景は神社によりかなり違いが出ます。神前式を行う前に参進をするため、神社の風景も大切になってきます。もちろん挙式を行う季節により、更に風景が代わります。折角神前式にするならば、春と秋がオススメです。春は花などがきれいに咲き、秋には紅葉などが美しい風景を演出してくれます。そのため季節により費用が変わる所もあります。その他に教会式と大きく違うのは、神前式では多くの儀式を行い進めていくということです。教会式に比べ細かい儀式が多く、それらの動作をおぼえなければいけません。しかしこれらの儀式はとても大切なもので、すべてが終わった時これで夫婦になれたと思う気持ちが強くなります。

二次会の幹事の代行

パーティー

結婚式の後の二次会は費用や事前の準備などで結婚式も控えている人にとっては非常に大変です。そんな時におすすめするのが二次会代行業者です。二次会にかかる準備や進行も行ってくれ、費用も予算に合わせてすべて行ってくれます。

Read More..